おもちゃで知育

【悩み解決】おままごとキッチンを買って後悔しなかった選び方を紹介

悩めるママ
悩めるママ

おままごとキッチンを買うのに後悔したくない!

そもそもおままごとキッチンはいるのか?いらないのか?おままごとキッチンを購入するならどんなものが良いか?

このように悩む気持ち凄くわかります。

私達夫婦も息子の為におままごとキッチンを購入するか悩んだ時期があるからです。

今回はおままごとキッチンで悩みを抱えているママパパが悩みを解決でき、さらにおままごとキッチン購入に前向きになるようなおままごとキッチン購入前に知っておきたい情報を私の経験からまとめました。

少しでも参考になればと思いますのでご覧下さい。

すっきりする悩み
  • おままごとキッチンはいるのか?いらないのか?
  • おままごとキッチンは男の子でもいるのか?
  • おままごとキッチンの知育効果は?
  • 購入する前に知っておきたいおままごとキッチン選び方のポイントは?
れんし
れんし

さっそく行きましょう!

ぱっと読める目次
  1. おままごとキッチンはいらないのか?購入のデメリット
    1. デメリット①出費がある
    2. デメリット②おもちゃが増える
    3. デメリット③おままごとキッチンで部屋が占領される
  2. おままごとキッチンはいるのか?購入のメリット【知育効果が素晴らしい】
    1. メリット①日常生活や生活習慣に必要なことが身につく
    2. メリット②料理や食に興味を示す
    3. メリット③おままごと遊びによって学びに向かう力が育まれる
    4. メリット④語彙力が育まれる
    5. メリット⑤コミュニケーション能力や社会性、協調性が育まれる
  3. おままごとキッチンの購入で悩む問題を解決
    1. おままごとキッチンの大きさ
    2. おままごとキッチンは木製が良いか?
    3. おままごとキッチンは男の子も必要か?
    4. おままごとキッチンは何歳から何歳まで使うのか?
    5. おままごとキッチンを使わなくなったらどうしたらいいの?
  4. おままごとキッチンの後悔しない選び方3つのポイント
    1. ポイント①おままごとキッチンの材質を選ぶ
    2. ポイント②大きさを考えて卓上型かチェスト型を決めておく
    3. ポイント③使わなくなったおままごとキッチンを考えるなら机に変更できるものを買う
  5. 人気おままごとキッチンタイプ別のおすすめを紹介
    1. 人気卓上型おままごとキッチンはエドインター
    2. 人気ダンボール製おままごとキッチンは森井紙器工業
    3. 机に変更できる人気おままごとキッチンは木遊舎
  6. 【まとめ】おままごとキッチンの後悔しない選び方

おままごとキッチンはいらないのか?購入のデメリット

悩めるママ
悩めるママ

子供におままごとキッチンはいるの?

このように思っているママパパはいると思います。

おままごとキッチンがいるのか?いらないか?を考えるために、おままごとキッチンを購入した際のデメリットを紹介します。

れんし
れんし

デメリットは親の都合が多いです。

デメリット①出費がある

もちろんおままごとキッチンを購入するので出費はあります。

さらにおままごとキッチンはピンキリですね。いいものはそれなりに値段がします。

ですが私の場合、息子のおままごとキッチンの使用頻度を考えれば安いと感じます。おままごと(ごっこ遊び)は知育効果が高い遊びなのでお勧めです。

デメリット②おもちゃが増える

おままごとキッチンを購入したらおもちゃは増えます。

おもちゃが増える理由はおままごとキッチン以外のおもちゃも必要になるからです。

食器類、食べ物類、果物類などのおままごとキッチンと共に遊べるおもちゃを購入するのでその分おもちゃは増えてきます。

デメリット③おままごとキッチンで部屋が占領される

普通のおもちゃ(玩具)と比べるとおままごとキッチンは大きいです。

購入するおままごとキッチンによって変わります。

おままごとキッチンのタイプとして2種類に大きく分かれます。小さなタイプの卓上型おままごとキッチン、大きなタイプのチェスト型おままごとキッチンです。

卓上型おままごとキッチンは卓上に置いて遊べるおままごとキッチンなのでスペースはあまり気にしなくて良いと思いますが、チェスト型おままごとキッチンは家具みたいに部屋が占領されるのでスペース問題が生じます。

れんし
れんし

卓上型かチェスト型で悩むママパパは多いですね。

おままごとキッチンはいるのか?購入のメリット【知育効果が素晴らしい】

おままごとキッチンでの遊びはメリット知育効果が多くあります。

どんなことがメリットであるか見ていきましょう。

れんし
れんし

メリットは子供の成長が多いです。

メリット①日常生活や生活習慣に必要なことが身につく

日常の言葉や道具を遊びなら学ぶことができます

食器類のコップ、お皿、お箸、配膳など日常で使うものを遊びの中で学んでいきます。

私が驚いたことはおままごとキッチンで遊んでいて、食事をするごっこ遊びに発展してきます。その中でお箸を使ったりして遊んでいたら、いざお箸の使い方を覚えるときはトレーニングお箸を使わずにお箸が上手に使えたことです。

おままごとキッチンの道具で家族分の配膳を真似たり、お箸を使う真似をすることがよくありました。

メリット②料理や食に興味を示す

おままごとキッチンを使った遊びは、料理の真似や食事の真似をするごっこ遊びが多いから料理や食に対する興味が湧きます。

その遊びはいろいろな食材おもちゃを使った遊びをするので、自然と食材や料理に興味を持ち始めます。

おままごとキッチン遊びから、本格的な料理作りのお手伝いに発展していき、卵を割ったり、卵を剥いたり、サンドウィッチを一緒に作ったりすることで子供の知育にもなりますし、自立へのサポートにもなります。

私達のおうちモンテを意識した息子へのサポートをご覧下さい。

自宅環境紹介|おうちでできるモンテッソーリ教育を学びから実践する

自宅環境紹介|おうちでできるモンテッソーリ教育を学びから実践する息子が2歳の頃からおうちでできるモンテッソーリ教育を取り入れてきました。自立と自律を意識してサポートできるおうちモンテを意識しています。実際に一般家庭でどのようにモンテッソーリ教育を取り入れているか知りたいママパパは是非ご覧下さい。...

メリット③おままごと遊びによって学びに向かう力が育まれる

おままごと遊びはインプットとアウトプットの宝庫です。

ごっこ遊びというのは自分で見たもの知ったものを(インプット)真似して思考して表現しながら体現する(アウトプット)遊びです。

これはインプット⇒アウトプットをしているので学びに強力的な効果があります。

もっとママの料理しているとこを見たい!お店の定員さんの行動を見たい!そこで得たことをおままごとキッチン遊びでアウトプットしているのです。

メリット④語彙力が育まれる

おままごと遊びは真似をすることが多く語彙力が育まれる。

おままごと遊びは見たもの聞いたものを想像しながら表現するので、そこで学んだ言葉や名称などをインプット⇒アウトプットするので言葉の吸収がとにかく素晴らしいです。

語彙力が増えるポイントは絵本の読み聞かせでも言われますが、聞いた言葉量で変わります。ごっこ遊びはそれをアウトプットするので語彙力の習得が素晴らしいです。

メリット⑤コミュニケーション能力や社会性、協調性が育まれる

おままごと遊びは創造しながら思考してストーリーを繰り広げる遊びなので社会性、協調性も育まれる。

ごっこ遊びはコミュニケーション能力や社会性、協調性を全て育めます。子供が主体となり親、友達と一緒になって遊べるおままごとキッチンを利用した遊びは知育的にも効果は絶大です。

れんし
れんし

知育を考えると子供が「なりきる」遊びは取り入れたい!

おままごとキッチンの購入で悩む問題を解決

皆様の悩み解決します。

おままごとキッチンを購入する際に悩んでいるであろうことをピックアップして、Q&A方式で私の個人的な意見を含めながら回答していきます。

いくつか質問がありましたので更新しながら回答していきます。

おままごとキッチンの大きさ

先ほどおままごとキッチンのタイプに触れましたが大きさの問題はあります。

卓上型かチェスト型どちらがいいのか?

もちろん自宅の広さの問題でチェスト型は難しいとなれば、卓上型のおままごとキッチンでもおままごとキッチンを取り入れるのは素晴らしいです。

ですがチェスト型が購入可能であれば、モンテッソーリ教育的にも「リアルに近い子供サイズ」を意識した方が自立に近づきます。

れんし
れんし

おままごとキッチンはチェスト型がおすすめです!

おままごとキッチンは木製が良いか?

もちろん私は木製をお勧めします。

ですがおままごとキッチンを子供に与えるのであれば木製にこだわらず与えてほしいです。

木製のおままごとキッチンが少しでも気になっているのであれば、木製の効果は素晴らしいものがありますので木製のおままごとキッチンが断然オススメ。

木製の素晴らしい効果を知りたい方はこちらから

子供のおもちゃで悩めるママパパへ!五感を育む木製玩具のすすめ

子供のおもちゃで悩めるママパパへ!五感を育む木製玩具のすすめ赤ちゃんや子供に対してどんな「おもちゃ」買ったら良い?親なら一度は悩むことがあると思います。「おもちゃ」は子供に大きな影響を与えます。その子の成長にも関与してきます。そのような悩みを少しでも解決できればと思います。ご覧下さい。...

木製のおままごとキッチンはあまり色にとらわれることがないので男の子でも女の子でも問題なく気に入ってくれます。

さらに木製おままごとキッチンはシンプルなので他の色のある玩具(野菜や果物)なども映えます。

おままごとキッチンが木製だからこそ色合いが美しくなります。

れんし
れんし

色彩感覚も育まれるのです!

木遊舎おままごとキッチンで遊ぶ2歳 木遊舎おままごとキッチンで遊ぶ2歳

2歳に頃はおままごとキッチンで遊ぶのが大好きでした。ニンジンを切ってお料理する息子です。

おままごとキッチンは男の子も必要か?

男の子でも必要です。

遊びでは性別によって好みはあると思います。ですがおままごとキッチン遊びは男の子でも大好きです。私の息子も大好きな遊びです。

お料理の真似ごとをしたり、お店屋さんごっこをしたり、おままごとキッチン遊びは子供が自分で創造した世界に入り込める遊びです。

どんな男の子でも的確なタイミングでおままごとキッチンを与えたら遊びます。2歳3歳が的確な時期です。不安がらず与えてみて下さい。

おままごとキッチンは何歳から何歳まで使うのか?

おままごとキッチン遊びは男の子や女の子で何歳まで使うか変わってくると思います。

さらに男の子でも長く遊ぶ子もいますし女の子でも短い子もいます。その子その子で違うというのが答えになりますね。

私の息子の場合は、2歳ぐらいから本格的におままごとキッチンで遊びだし3歳半ぐらいで頻度は減りましたがまだまだ遊びます。

知育的にはあまりいつまで遊ぶかにこだわらず、子供がその時期にしっかり遊ぶものを的確に提供できるかにこだわった方が良いです。

子供が自発的にとことん遊ぶものが提供できているかが知育のカギになります。

おままごとキッチンを使わなくなったらどうしたらいいの?

使わなくなったおままごとキッチンはどうしたらいいの?

多くの場合、使わなくなったおままごとキッチンは粗大ごみなることが多いです。

私もおままごとキッチンを購入するとき悩みました。ですがこれに関しては解決できます。

使わなくなったおままごとキッチンは学習机にしたらよいのです。

机になるおままごとキッチンを購入することで使わなくなったおままごとキッチンをそのまま学習机や作業机に出来るのです。これによって長く使えるおままごとキッチンに変わります。

私はおままごとキッチンを購入する前に決めていました。2歳3歳ぐらいはおままごとキッチンでしっかり遊んでもらい、遊ばなくなったら勉強机になるタイプを購入しようと決めていたのです。

そして木遊舎木製おままごとキッチンがそれを満たしてくれました。

3歳過ぎたところでおままごとキッチンを勉強机に変更したり、おままごとキッチンに戻したりしながらおままごとやワークなどを両立してきました。

3歳5ヶ月頃には完全におままごとキッチンを机にしてリビングに設置しました。

完全と言っていますが、何度かおままごとキッチンスタイルにしていることもありました。

こんな感じでおままごとキッチンがワーク勉強机になります。親しみがある自分の机という感じで、おやつを食べたり作業をしたり、ワーク勉強をしたり出来ます。

れんし
れんし

この時に本当に木遊舎のおままごとキッチンで良かったと思いました。

机になる木遊舎木製おままごとキッチンを購入した感想を詳しく紹介

おままごとキッチンの後悔しない選び方3つのポイント

おままごとキッチンの後悔しない選び方には3つのポイントがあります。

  1. おままごとキッチンの材質を選ぶ
  2. 大きさを考えて卓上型かチェスト型を決めておく
  3. 使わなくなったおままごとキッチンを考えるなら机に変更できるものを買う
れんし
れんし

詳しく見ていきましょう。

ポイント①おままごとキッチンの材質を選ぶ

1番最初はおままごとキッチンの材質を選ぶのがおすすめです。

重くなく簡易的に設置できるのが好みの方はプラスティック製のおままごとキッチンが良いと思います。

最近の流行りから使わなくなることを考えて作られたダンボール製のおままごとキッチンも徐々に人気がでてきてます。

やはり丈夫で材質から育まれる五感刺激効果や、長く使えるおままごとキッチンを考えるなら1番人気の木製おままごとキッチンです。

ポイント②大きさを考えて卓上型かチェスト型を決めておく

次におままごとキッチンの大きさが大切です。

おままごとキッチンは基本的に卓上型とチェスト型があります。卓上型はコンロが付いているデザインのものが多いです。机の上などに簡単に設置できるので、狭い自宅でもおままごとキッチン遊びはできます。

チェスト型のおままごとキッチンは子供のサイズに合ったリアルに近いおままごとキッチンになります。この考えはモンテッソーリ教育で推奨される設計になりますので、知育効果も得られやすく、自立へのサポートをよりスムーズにしてくれます。

ポイント③使わなくなったおままごとキッチンを考えるなら机に変更できるものを買う

使わなくなったおままごとキッチンを考えた場合、効率の良いおままごとキッチンは机に変更できるおままごとキッチンです。

おままごとキッチンを購入する前から子供がおままごとキッチンを使わなくなることを考えるのは自然なことです。

私もそうでしたから、そうなるとおままごとキッチンを机に変更できるもの購入する方が、長く使えるおままごとキッチンになるから効率的です。

人気おままごとキッチンタイプ別のおすすめを紹介

タイプ別の人気おままごとキッチンを紹介します。

おままごとキッチンは検索で探そうとすると数が多くきりがありません。ここでは人気なものはどれ?と聞く方におすすめな卓上型、ダンボール型、机に変更できるおままごとキッチンを紹介します。

れんし
れんし

大人気の商品を揃えました。

人気卓上型おままごとキッチンはエドインター

エドインターは木製の卓上型おままごとキッチンとして人気です。おままごとキッチンに必要な必要な食器や、食べ物類なども木製として豊富にあります。 

人気ダンボール製おままごとキッチンは森井紙器工業

森井紙器工業のダンボールおままごとキッチンはダンボール製として人気です。ダンボール製品に限っては他の製品より口コミ点数も高く、信頼できます。

机に変更できる人気おままごとキッチンは木遊舎

木遊舎木製おままごとキッチンは数少ない机に変更できる人気のおままごとキッチンです。幼稚園や保育園でも人気があり、私のように木製好きなユーザーから愛されるおままごとキッチンです。 

【まとめ】おままごとキッチンの後悔しない選び方

おままごとキッチンの後悔しない選び方についてまとめます。

まずおままごとキッチンはいるのか?いらないのか?はおままごとキッチンで遊ぶことによっての必要性や知育効果について詳しく説明しました。

おままごとキッチン遊びの知育効果
  1. 日常生活や生活習慣に必要なことが身につく
  2. 料理や食に興味を示す
  3. おままごと遊びによって学びに向かう力が育まれる
  4. 語彙力が育まれる
  5. コミュニケーション能力や社会性、協調性が育まれる
れんし
れんし

素晴らしい知育効果ですね。

そしておままごとキッチンを購入する前に選ぶポイントととしておさえておきたいことはこの3点です。

  1. おままごとキッチンの材質を選ぶ
  2. 大きさを考えて卓上型かチェスト型を決めておく
  3. 使わなくなったおままごとキッチンを考えるなら机に変更できるものを買う

おままごとキッチンの材質は、プラスティック製が良いか?ダンボール製が良いか?木製が良いか?を始めに選んでおくのがおすすめです。

次に自宅に合うおままごとキッチンの大きさを選ぶのに卓上型が良いか?チェスト型が良いかを選びます。

最後に長く使ってほしい!使わなくなったおままごとキッチンはどうしたら良いか?を考えるのであれば、机になるおままごとキッチンを選ぶのがおすすめです。

これらをおままごとキッチンを購入する前に考えて購入することが、私の経験から後悔しないおままごとキッチンの選び方になると思います。

おままごとキッチンを購入して息子から感じた知育効果や、机になるおままごとキッチン購入した内容を詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。
机になる木遊舎木製おままごとキッチンを購入した感想を詳しく紹介木遊舎木製おままごとキッチンを購入した私の口コミを紹介します。木製であり机にもなるおままごとキッチンは本当に長く使えて後悔しません。ご覧下さい。...

\関連おすすめ記事はこちら/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)