はじめての方へ

れんしの部屋について

【れんしの部屋】は世界の教育をおうちに落とし込み息子の子育てに実践している超実践型知育ブログです。

息子はTwitter内で通称:積み木先生と1歳から呼ばれています。

そんな息子は0歳から木製玩具を中心に子育てしています。彼は積み木が大好きな男の子です。れんしの部屋では息子の子育てで良かった物や、学んだことを中心に発信しています。

例えば息子に買ってよかった0歳の木製玩具はこちらになります。

0歳に買ってよかった長く遊べる木製玩具から知育おもちゃ12選

息子の積み木先生の積み木作品集は積み木好きなら見てほしいです。

【積み木作品例】息子の積み木先生の作品集を随時更新中

記事内の息子のレゴクラシック作品集も随時更新しています。

【悩み解決】レゴクラシックのおすすめ購入順を経験から解説

息子(積み木先生)のスペック

息子の積み木先生が0歳から取り組んでいることを紹介します。

  • 0歳から木製玩具を中心に育つ
  • 0歳から絵本の読み聞かせ毎日(3歳までに1万冊は行きませんでした)
  • 1歳から積み木に取り組む
  • 1歳から積み木図形数学教室に通う(現在進行形)
  • 2歳で200個の積み木を使う(3歳時点で積み木800個)
  • 2歳でパズルにハマる
  • 3歳からわくわく創造アトリエに通う(現在進行形)
  • 3歳で積み木とクーゲルバーンに取り組む
  • 3歳でレゴクラシックにハマる
  • 3歳から少しずつドリルに取り組む

私のTwitter内メディアでは息子の過去作品が多くありますの気になる方はご覧下さい。ブログ内の積み木作品集やレゴクラシック記事には多く動画を載せています。

他のブログにはない息子の実践的子育て知育ブログになっているので動画や写真も多く掲載し、具体的にわかりやすく楽しめるように心がけています。

れんしの知育方針

自立と自律を中心に息子の成長をサポートする。私達の知育は英才教育ではなく育脳(自頭)を鍛える方針。自然遊び(外遊び)を中心に、おうちでは育脳に役立つ遊びを息子に提供する。成功者は「数学が得意」「読書家」この2つは鉄板です。それは身につけて頂く。

そして、自己肯定感、非認知能力を兼ね備えた人間に成長して頂くことを考えて日々、子育てをしています。

英語に関してはBGMでかけ流しと英語絵本の読み聞かせで英語耳を育む程度しか実践はしていません。これだけしかしない理由は英語に割く時間より遊びを優先しているからです。単純にそれだけです。英語はそれなりの環境と時間がないと習得できないと思っているので、乳幼児期はあまり力を入れていません。

【教育で知育】記事一覧はこちらから

最後に、ご質問などは記事内やお問い合わせフォームからご気軽に連絡下さい。